スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ

Beads BooK 




先日、ビーズの洋書を購入しました。

当然全て英語なので、細かいところまでの理解は無理
編み方は、図で表記されているので何となくは
わかるのですが、どうしても詳しく理解したいのがあって、
「Beading WITH CABOCHONS」のカボションを使用しての
編み方です。
時間はかかりますが、翻訳機能を使いながら、
単語を調べながら解読中です。
(もっと英語を真剣に勉強しておくんだったと
 今更ながら後悔

まだ、課題作品の製作途中なので
これが終了したら、作っていこうかと思っています。

ビーズが大好きになって、かなりはまってしまい
ビーズへの探究心はやみません。

洋書や海外ビーズのHPを見ていると
日本のビーズ作品とはかなり違いがあるのがわかります。
色の組み合わせや使用するパーツなどなど・・・
デザインに対しての感覚、感性の違いなのでしょうかね。
非常に勉強になる作品が多いですね。
(もちろん日本でもすばらしいのはたくさんあります)

できる事なら海外へ行って、ビーズの勉強したいくらいです。
(ちょっとだけ本気で考えたりして・・

余談ですが、タイ語で書かれたビーズの本もあって、
これは図がかなり大きく、
丁寧に細かく作り方の解説がさせていて、
タイ語がわからなくても充分作品が作れそうでしたよ。

スポンサーサイト

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://nabariko.blog13.fc2.com/tb.php/18-c0718b84






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。